逆さま傘 Suprella Pro 。傘はよかったけど会社は適当だった。

インターネットでよく目にするようになったSuprella Pro。裏返しに開くため、畳んでも傘の濡れた面が自分に触れません。

この傘について一度検索すれば、Facebookをはじめインターネットのあちこちで広告を目にすることになります。動画やgifもあって、SNSを使ったマーケティングがお上手ですね。私もつい買ってしまいました。(私は公式サイトから購入しました)

 f:id:sanny-yoshikawa:20170218111043g:plain

買ってよかったところ

1.確かに傘を畳んだときに自分が濡れません

車のなかに置いておくのにパーフェクトな傘だと思います。持ち歩くには若干かさばりますが、傘を畳んでも洋服が濡れずにすむのは嬉しいです。

 

2.青空のデザインが気分を明るくします
青空のデザインが気に入って、デザインが入っていないものより少し高いプレミアムを買いました。薄暗い雨の日も気分が明るくなります。

 

3.サイズが大きめで頑丈なつくりなので、風が強い時でもカバー力があります
たぶん、日本の一般的な傘よりも大きめで少し重いと思います。オーストラリアの傘と比べたら、ちょうどいいサイズ&重さ。暴風雨でも裏返りませんでした。 

f:id:sanny-yoshikawa:20170218131420j:plain

イマイチだったところ

1.ドイツのスタートアップ企業と謳っていますが、中国から届きます
日本だけでなく他の国のAmazonレビューや公式Facebookにも「ニセモノではないか?」というコメントが書き込まれています。でも公式サイトから買っても中国から届きます。おそらく中国製です。ドイツから送られてくると思っているとがっかりしますね。

2.製品にブランドのロゴが入っていないので「他で買ったほうが安いんじゃない?」と思わせます
私が購入した青空デザインの傘には、ブランドのロゴがどこにも入っていませんでした。公式サイトに掲載されている写真の傘にはロゴが入っているので、購入者が「ニセモノではないか?」と思っても仕方ありませんね。

公式サイトを見るとBtoBの取引もしているようなので、Amazonに出ている非常によく似た安めの傘が同じ商品でないとは言い切れません。オーストラリアにはAmazonがないので、私の場合は公式サイトから買うのがベストでしたが、日本にいたらどこで買っていたかな?とは考えました。

  

 

3.発送がめちゃめちゃ遅い。そして間違える
発注したのが11月18日。到着日が12月29日。申し込み時点で4週間から6週間かかるという案内があったので「ドイツもオーストラリアと同じようにのんびりしているのだろう。」と早く受け取ることは期待していませんでした。

しかし季節はクリスマス。公式Facebookには「プレゼント用に購入したのに間に合わない。」というコメントが殺到。しかも、このドイツのスタートアップ企業は、そのような状況にもかかわらず、12月初旬に「今注文をすれば、通常4~6週間かかる発送をクリスマスに間に合わせます!」という謎のキャンペーンを始めました。

「いやいや、それより10月に注文した人の商品を先に送ってあげなよ...」と思っていたら言わんこっちゃない。

クリスマスに間に合わなかった。f:id:sanny-yoshikawa:20170218135354p:plain

「ここからクリスマスカードをダウンロードして、実物の傘の代わりにプレゼントとして渡してね。」という小学生のようなメールでみんな納得したのでしょうか。


そして年も明けようかという頃、ついに私の傘が届きました。f:id:sanny-yoshikawa:20170218131356j:plain
頼んでないのに2つも。

なんだかドジっ子を持つお母さんのような気分になって、カスタマーサービスに傘が余分に届いたことを伝えました。「ありがとう。どうすればいいか決まったら連絡します。」と返事が来てから約半月。

余分な傘を受けとったのは、私だけじゃなかったらしい。

f:id:sanny-yoshikawa:20170218135332p:plain

どうやら発送手配ミスだったようです。傘を余分に受け取った人は「破格値のUS20ドルで引き取る」または「後日お知らせする返送先住所に返品する」のどちらかが選べます。US20ドルで引き取れって調子よすぎるだろw

郵便局にわざわざ行くのも面倒ですが「私がお前のミスのために無駄な買い物をするのは納得がいかない」と思ったので返品を希望しました。買いとって誰かにあげてもいいかなーとは、ちょっと思ったんですが。


というわけで、どこに返品するのか送り先の連絡を待っているところです。オーストラリアから中国かドイツへ。どちらにしても一本だけ傘を送るのには品物以上のコストがかかりそうですね。

f:id:sanny-yoshikawa:20170218131346j:plain

ドイツのスタートアップ企業。学生が集まって、アワアワしながら運営してるような会社なのかなと想像すると、まぁ可愛いかと思います。でもこれで、この道のベテランだったらびっくりするな。

 

ちなみに、公式サイトから商品を購入するとアフェリエイトプログラム(30日間)に参加できます。そのコミッション率もメールには10%と書いてあるのに、プラットフォームには15%と書いてあって適当。実際はどうなのかわかりません。

でも、SNSを使ったマーケティングにかなり力を入れていることだけは確かなようですね。

SuprellaPro - The ORIGINAL! Invention 2016